【2021年度国会請願】2年連続、今年も国への請願が「採択」されました!

昨年秋より全国支部で取り組み、2021年4月に第204回通常国会へ提出した全国パーキンソン病友の会の「パーキンソン病患者への難病対策の推進を求める請願」が会期末の6月16日、衆議院、参議院共に採択され、内閣に送付されることが決まりました。

衆・参両院での  「採択」は2年連続となり、333疾病ある指定難病のうち個別難病の請願としては、昨年に引き続き全国パーキンソン病友の会だけという快挙となりました。採択には本会議において全会派一致での賛成が必要となりますので、長年のパーキンソン病友の会の活動が、国においても信頼を得た結果であると言えます。今年の署名活動は、署名筆数集約結果は76,909筆と昨年を下回りましたが、新型コロナ感染症の蔓延で、外出して面談で集めるのが困難な中でもこれだけの署名を集めるために、頑張っていただいた皆さんの努力と熱意が、ここに「2年連続の採択」という形で結実したものに違いありません。

コロナ感染の影響で一年以上にわたり中断していた難病法の5年見直しは、この6月から厚労省難病対策委員会において再開されました。6月10日と15日には公明党と自民党からの要請により両党の厚生労働部会からのヒアリングで平峯代表理事が意見発表を行いました。2年連続の「採択」というこの結果は、このような5年見直しのとりまとめにも大きく影響を与えるに違いありません。このような情勢であればこそ、価値ある採択であるといえます。この成果は今年だけにとどめず、継続して採択されるよう来年も頑張りましょう。また、採択されたものをどのように実現していくか、そのためにも私たちの活動をさらに高めていきましょう。

国会請願署名のお願い

わが国のパーキンソン病患者は18万人を超えるとも言われ、高齢化社会の進展に伴いその人口に占める比率は年々高くなっています。パーキンソン病は指定難病の一つで、原因不明、完治療法も確立していない進行性の難病、一旦発病すると長期にわたる治療が必要となります。難病を抱えながら社会の一員として生活し、働き続けるためには、パーキンソン病に対する総合的な対策が不可欠です。また、私たちパーキンソン病患者が一番望んでいることは「完治療法」が開発されることです。私たちは、生きる希望を失うことなく治療に専念できる環境を整えるため、パーキンソン病患者への難病対策の推進を求めて、毎年国会へ請願署名運動を行っています。2020年度の通常国会では、1976年の患者会結成以来初めて、難病患者団体で初めて衆参両院での「請願採択」を実現しました。引き続き、2021年の通常国会に向けて、各都道府県支部では国会請願署名活動を行っています。請願の趣旨をお読みいただき、ご賛同いただける方は是非とも署名にご協力をお願いいたします。また、国会請願活動をささえる募金活動へのご協力をお願いしています。募金は支部の国会請願署名活動の費用として使わさせていただきます。なお、募金は任意でお願いしています。

署名用紙のダウンロード

署名用紙は、A4判、表裏2ページとなります。プリンターの印刷設定は、「A4用紙」「両面印刷」で印刷してください。

A4版 署名用紙(おもてうら)

国会請願理解を深めよう

ご署名いただく場合の留意点

■署名はご本人自筆で、ボールペン、サインペン、万年筆でお願いします。(代筆した場合は、代筆を依頼した人の印鑑を住所欄の右端に押印してください)
■未成年の方も署名できます(国内在住なら、年齢、国籍は問いません)
■ご家族一緒の姓、住所でも、「〃」「々」「同上」などと省略せず、姓から、都道府県名、市区町村名、番地までをそれぞれにご記入ください。(「〃」等、省略されている場合は無効となります)
■訂正する場合は、修正ペン(液)などは使用せず、2本線(=)で修正してください。
■衆参議院議長名の記載のある面(署名欄の裏側)には何も(日付、請願人名等)記入せずそのままご送付ください。
■個人情報の取り扱いについて
署名用紙にご記入いただいた個人情報は、国会請願に提出する目的以外に使用することはありません。

<署名用紙送付先・送付期限・募金の振込先等>
署名済みの署名用紙は、お住まいの都道府県のパーキンソン病友の会都道府県支部へご送付ください。送付期限、募金振込先等も支部へお問い合わせいください。

■請願内容に関する問合せ先■

一般社団法人 全国パーキンソン病友の会 事務局
〒165-0025 東京都中野区沼袋4-31-12 矢野エメラルドマンション306
TEL 03-6257-3994 / FAX 03-6257-3995